スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急ぎの用事

参考にならない倫理研修を終え、事務所へ戻る道中、携帯電話がなった。
発信者は父。

どうしたんだ?と電話に出ると
「○○建設の会長が急いで電話欲しい」の旨。

自宅にまで、いや、近所なので自宅にかかることはちょいちょいあるのだが
この時間(午後6時)に自宅へ電話ということが緊急性を物語る。

すぐさま、○○建設へ電話すると、専任技術者のAさんをある大きな工事の技術者として任せたいのだが、専任技術者であるが故、任せることができない。
このため、Bさんへ変更したいとのこと。
特定の許可を取っているため、一級の資格がないと専任技術者になれない。
Bさんは二級の資格しかない。が、一級の資格保持者でないとなれない(?)監理技術者になっている。
この関係性についてあまり深く理解していなかったのだが、指導監督的実務経験証明書が書ければ二級の資格でも専任技術者になれる。
そちらの線で進めようとしたところ、今度は指定7業種では、それでは進められないことが判明した。

会長は「黙って出しちゃえ」などと・・・

それができればいいんだけど・・・
で、とりあえず、土木事務所と相談する時間もないし、ソレ用の書類を作成し、かついったん特定を廃業し、一般で許可を取る方向性の書類を用意した。

翌朝、○○建設を訪問し、よくよく話しをしてみると、二級の資格所持者でも指導監督的実務経験証明書以外に特定の専任技術者として認められる大臣認定の証明書をお持ちであった。この方法ならば、指定7業種でもOK。
で、昨夜用意した書類も捨て印で一部訂正すれば、そのまま使用可能。

念のためで用意した書類も採用され、営業時間ベースで数時間で対応できた。

で、本日、この件の請求書の発行。
「緊急加算」と項目立てしようとしたが、なにか文句を言われそう。言われないまでも、心証を害しそう。
で、こっそり手続き業務の単価を高くした。

theme : 日記
genre : 日記

平成20年度 経営事項審査改正についての対応策

平成20年度の経営事項審査改正での対応策を考えてみました。

間違っていたら、ご指摘ください┏○ペコ
目立つところから。
【1. 元請工事を拡大すべきか?】
経審対策でこれを議論することは次のとおり、適切ではないと言わざるを得ません。

元請工事高と評点Pの関係
元請工事高 0円   →評点P:6点
元請工事高999万円 →評点P:15点
元請工事高2800万円 →評点P:17点
元請工事高12000万円 →評点P:22点
元請工事高14000万円 →評点P:22点
元請工事高16000万円 →評点P:23点

このように、0から999万円までの上がり幅はある程度ありますが、1000万円以上ではかなり緩やかな上昇傾向となります。
このため、「無理して」元請工事で受注して利益率を下げるよりも、下請けで構わないから利益率を維持する・向上させる事の方が「経審対策」となります。

【2. 研究開発はどうすればよいか?】
小・零細企業において、経審対策の研究開発は不要です。

研究開発で評点Pをゲットするためには、5000万円以上の資金投入が必要です。
2期平均をとりますので、ご注意ください。
これでゲット出来る評点Pは1点です。

完工事高1億~10億の会社で3人までは、2級の経理事務士1人増える毎に評点Pは3点あがります。
「経審対策」で5000万の資金をストックしておくよりも、経理事務士を増やす方が現実的と考えます。
なお、評点P3点ゲットできる研究開発費は2億円です。

【3. 適年と経審】
経審対策で適格退職年金をかけておられた会社には朗報です。
これまでの審査基準では、適年から中退共への移行は減点対象でしたが(企業年金制度で得点出来ないことから)、新経審では退職一時金制度とどちらかを有していることで得点となりますので、問題なく中退共へ移行出来ます。

厚生年金基金に加入されている(かつ退職一時金制度がある)会社は経審による効果がなくなります。

とりあえず、今日はここまで。
拍手やコメントが多ければ、続きを書くかもw

theme : 日記
genre : 日記

事前に手を打てて良かった

来週の火曜日は経審。
で、ウチの事務所では、私の事前事前チェックをして受審することにしている。
大抵は、申請書類の修正のほか、審査がしやすいような気配り関係の指示を出して終わるのだが、今回は土木事務所への事前確認・差し替えを必要とする事項が3社で2件。

一つは工事経歴書への配置技術者の記入漏れ。審査事項ではないが、チェック事項ではあるし、第一、行政書士が作った書類というところで恥ずかしいので、土木事務所へ連絡して差し替えして貰った。
もう一つは、建築工事に下請け工事を記載したのだが、その工事内容が建築工事であることを図面や請求書等で事前に土木事務所の確認を受けておかねばならないというもの。
「事前事前チェック」まで、確認に行くのを忘れていたw
で、本日、この2件の手続き。

これで、火曜日の経審は心おきなく受審できる。
仮に指摘を受けても、チェック指摘がつかなかったのだからと折り合いがつけれる。

もうひとつ。
労働者に付き添って、会社側代理人の弁護士と話し合い。
労災が絡む案件で、労災受傷前に業務外の事故で障害をもっており、その労災でも同じ等級程度の障害が残りそう。
同じ等級だから、障害給付は出ないものと思いこんでいた。
で、今日ふと、待てよ?併合とかないのか?と、改めて調べてみたところ、この場合で併合はされないが、障害の場所が異なる場合は障害補償給付が受けられるということだった。
障害補償給付が受けられるということは、労働能力の損失という請求原因が出てくるのかも。
憎悪すれば、最低限その差額は間違いないところだろうが、憎悪してない場合はどうなるんだろう?
そこのところは置いといて、障害に対する慰謝料と労働能力の損失に対する逸失利益も追加して主張。
ま、物別れになるだろうとの予想で臨んだから、追加できたことが大きな成果。
相手方からのひとつ大きな撤回が、今後の進め方の変更(減点)を迫られたが、障害関連で「行ってこい」かな?

theme : 日記
genre : 日記

ふられた

金曜日の約束も、今日の約束も。orz

精神的な病で10年くらい通院しているとのこと。

DVのクライアント。心配になったので、ご両親から電話を貰うことにした。

困るのは、(大人なんだから、あなたが決断せい)の立場で処理を進めることがしづらい点。

20年も前につきあっていた彼女に昨夏、同窓会であった。
彼女も別れた後、精神的な病を患ったらしいことは別の友人から聞いていた。


その彼女と同窓会で話したときに感じた、ふわんふわんした話し方。
今日のクライアントからも感じた。


どこまでが本人の真正な意志で、どこからがそうでないのか(病気がそうさせているのか)、見極めに苦労しそうだなぁ。
ただでさえ、一方的な意見になりがちなのに、病気がそれを過剰にしそう。

theme : 日記
genre : 日記

内容証明

立て続けに内容証明の案件が持ち込まれた。
依頼者に全く関連はないものの案件の内容には関連性があり、興味深い。

1件目は一個下のエントリーの通り、恋愛にはやや距離があるもののそれを想起させるエピソードから発展した金銭貸借とつきまとい。金銭貸借の方は返済し終わるという形で解決(?)したものの、念のため「つきまとい」をやめさせるために内容証明を打っておくというもの。
昨日も依頼者と面談したのだが、受任以来、相手方からの接触がやみ、最初とは全く別人かのような明るい表情。最初は自殺しそうな雰囲気さえ漂わせていた。
法律的にはストーカー規制法

2件目は離婚に関わる相談。
夫からの言葉による暴力、生活費を全く入れず夫の収入さえ分からない。本人の持病と生まれたばかりの子供、結婚して半年も経っていないという事情が事態をより深刻にしている模様。
こちらはDV防止法。
まだ電話と面談の予約だけだが、月曜日に来所され面談。
慰謝料を取れるかというもの。

1件目の依頼者と全く別の案件の依頼者から、最近同じようなことを言われた。
「センセイは優しそうだから」

・・・プライベートで女性に言われるのならとても嬉しいピース言葉だが、仕事で、しかもトラブル処理でそれを言われたため、ちょっと傷心w
身体的な暴力が身に降りかかるようなことは四半世紀経験していないので、きっとへたれなのだろうなぁとは覚悟しているのだが、特に仕事での口での殴り合いなら結構タフだと自負しているだけにびみょぅ~~。汗;

1件目の依頼者絡みで朝礼前に相手方と電話で話していた。(もちろん、交渉していたのではない)
ふと気付くと、事務所内は凍りついていた。
あの「凍りつき感」は、私が相手方に対して決して優しくないことを物語るものだと思うのだが・・・?
仕事絡みになると10歳20歳年上の相手でも、セッキョーし、叱りとばすことの出来るメンタリティーを私に与えてくれた両親とカミサマに感謝jumee☆shy2

theme : 日記
genre : 日記

生兵法

行政書士とのWライセンスのせいか労使紛争に限らず、民事紛争っぽい案件が持ち込まれる。

クーリングオフ・中途解約や不倫・離婚協議に、変わったところでは著作権絡みのトラブルも処理したことがある。

今回持ち込まれたのは、ストーカー絡み。
早速調べたところ、平成12年にストーカー規制法という法律が施行されている。
労使紛争に注力していたおかげで、なんとなく紛争処理のステップというもののあたりがつくように思う。

これから相談者と会うのだが、警察への相談と内容証明、今回の案件は金の貸し借りも絡んでいるため、返済に立ち会って警告するのパターンの組み合わせかなぁ?

弁護士会のクレームで使用禁止になっているらしいのだが、「街の法律家」として頼られるのに、無碍に断るのもどうかと思うし。
上手く処理できると「『行政書士』ってすげぇ~!」笑うと自分の事ながら驚くのだが、進行中にいつも頭を過ぎるのは「生兵法は怪我の元」。

トラブルって相手の気持ちの強さで大きく変わると感じている。
今回の相手方も『行政書士』が出てきたことで萎える気持ちの強さであることを強く願う・・・。

theme : 日記
genre : 日記

本日の業務

郵便貯金の名義変更
用意してあった相続関係説明図へ記入せいとのこと。
私が持参した相続関係説明図を見せて、これじゃだめか?と訊ねたところ、ダメだという。
なぜか素直に従って、その場で記入。
貯金事務センターから、必要書類の請求があったら、それを送付し、払い戻し証書か名義変更済みの通帳が届くとのこと。

年内に完了するか微妙な日程。

T社に同行して、主張の説明。
請求を、とりあえず支払いを求める請求と腰を据えて交渉する本丸の請求の二つに分けて説明。
クライアントには、私が相手方なら、請求を二つに分けることなど呑まないと予防線を張ったが、とりあえずの請求については、数日内に返事を貰えるところまで引き出せた。
引き延ばしているだけかもしれないが、まぁ仕方ないだろう。

明日のセミナーの練習と明後日の打ち合わせの資料作成。
セミナー後は打ち上げがあるし、痛飲したいメンバーなので明後日の午前中は二日酔いを覚悟での準備。

今年も残り2週間かぁ。
予定が入っているのは今週いっぱい。
来週は模様替えの準備にあてたいなぁ。

theme : 日記
genre : 日記

相続人が一人だけの不動産の名義変更

一人を残して、他全員が相続放棄をしたケース。

一人だけで「遺産分割協議」もおかしな話しだと、調べても明確な解答が載っていない。
で、法務局に確認してみた。

いわゆる相続人を確定する最初から最後まで等々の戸籍謄本と相続放棄申述受理証明書を付けて貰えれば、一人残る格好だから「遺産分割協議書」の様な、相続財産が誰に渡るか明確にする書類は必要ないとのこと。

当たり前といえば当たり前なのだが、( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェー

後は、郵便貯金を使えるようにして、Yさんの相続業務は完了。
もっと大きな仕事が一つ残っているが、少しずつでも片づいていくのはやっぱり気持ちが良い。

午後からは、Nさんの来週の交渉の下打ち合わせをして、J社の労働保険の成立届で動かなければならないかも。
セミナーの練習もしたいんだよなぁ~。

theme : 日記
genre : 日記

撃沈

7月に申請した「投資・経営」の在留資格の許可が下りなかった。落ち込み

見積もりを間違えて、安値で受託したとはいえ、一切手を抜いたつもりはなかったのに、どこがまずかったのだろう。

この後のフォローにもお金がかかるし、それはきちんと説明済みで、かといってお金がある依頼者でもないし。
きとんと許可が下りるまでフォローしたいが、そのためには相応の報酬もいただきたい。
フォローに必要な報酬を支払ってまで、依頼いただけるかも微妙な雰囲気なのが、余計に気分を落ち込ませる。

昨日から、年末を前にちょいちょい悪いニュースが続くなぁ。
これで今年最後だといいのだけれど・・・

theme : 日記
genre : 日記

どこの馬の骨なんだろう???

法人設立→特定派遣届出←に必要だから労働保険・社会保険の新規適用

の4点セットの依頼者Aさん。
派遣屋・請負屋の依頼者はよく分かる。
ノウハウ積んで、自分でやりだそうと。

Aさんが画策する法人の取締役に名前が載らなくなったAさん。

他の取締役の経歴を見ると、派遣や請負に全く関係のなさそうな経歴。農業とか。

でもAさんが実質の主体者。
派遣元責任者にはAさんが就任。

ヤ○ザ屋さんにも見えないし、アウトローな危ない香りはしないから安心しているのだが、どういう経緯でこうなったのか、裏事情が非常に気になる。

最初の話から一月も放っておかれ、突然連絡があったと思ったら、急いで(派遣の番号を)番号取りたい。
どこかで聞いた話だなぁ。
でも、そういわれると頑張っちゃうんだよなぁ、やっぱり。

定款のOKを今日貰い、早速、電子定款認証。
公証役場へFAXを送り、OKを貰って、法務省オンライン申請システムでデータ送付。
登記に必要な書類にも今日明日ですべてへ印鑑を貰って、司法書士さんへ渡したら、法人設立関連業務はひとまず手が離れる。
謄本ができあがるまでに、派遣の書類の作成と、労働保険の保険関係成立届に概算保険料申告書、雇用保険適用事業設置届と社会保険の新規適用関係書類を準備してと12月の第1週は結構忙しそう・・・年調も、給与計算もあるし・・・残り二日だけど今月中にできるだけ詰めておくか。

法人設立と派遣については報酬も連絡済み。
新適の話をしたら、見積書を出して欲しい。
ついでに顧問契約も見積もっておくか。

いくつか前の給与計算ソフトを税理士と綱引きしていた件。
困ったことに、派遣労働者の給与計算もウチで受託することになった。
顧問先の体制が整うまでと条件付きで。

(。-`ω´-)ンー Aさんの会社の給与計算も見積もりに一応載せておくかな。
高レートでw

theme : 日記
genre : 日記

占いブログパーツ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

sharoc

Author:sharoc
sharocのブログへようこそ!
【はじめに】
このブログは私sharocの匿名性を一応維持したいと希望しています。
匿名だから書けること、言えること。かといって便所の落書きにはしたくない。できれば読んで貰った方の参考になるような事を書きたいけど、堅苦しい事ばかりでも私が飽いてしまうし。というような気持ちで記しています。

できるだけ匿名性が維持できるようにはこころがけますが、HNがHNだし、「察しても、面と向かって『あれってsharocさんでしょ?』とは言わないで」くださいね。

また、営業目的のブログを肯定していますが、ここだけは(本業の)営業目的からもできるだけ遠ざけておきたいとも思ってます。って、他にブログやっているわけではないのですがf(^-^; ポリポリ 社労士ってこんなことをやって貰えるんだ、行政書士ってこんなことをやって貰えるんだと参考になりましたら、是非、地元のお近くのセンセイにご依頼いただけると、私もやっていて良かったなと思えます。

こんなブログですが、よろしければご贔屓ください。

参考になる投稿ができたら、「FC2ブログランキング」のバナーを(。・・)σ♯ポチットナ

画像を少し入れるだけでも、変わるなぁ~(。・_・。)

Gmail なるものにトライしております。
ご用の方は 
sharoc.sr@gmail.com まで

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。