スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に発言するのは、卑怯なのかなぁ?

タイトルのとおりの恐れを感じながらのコメント。

orangesrさん、sr-ta3さん、sr-jinjinさんが、月刊社労士3月号の記事についてコメントされております。

orangesrさんがまとめておられるので、それをリンク

で、記事についての直接的な意見になるのかならないのか?
なんか、若造が最後に出てきてこんな風にまとめると、大人たちから怒られそうとの懸念もあるのですが、発言しちゃいます。所詮、お歴々に比べたら、小僧なんでw

まずorangesrさんが、この記事だけでなく、特定社会保険労務士制度に対して一貫して懸念を持たれているその理由は、私の推測するところ、紛争は解決するかもしれないが決して問題の解決になるわけではない、その部分に効果的な取り組みがなされていないということだろうと考えるのです。

3月号記事は紛争解決の手段についての適当な思考法を解説しているのだが、それが問題の解決に近づかないことに苛立たれているような・・・


sr-ta3さんは同じく「問題解決」を念頭に、紛争『前』の段階で問題解決を指向することが社会保険労務士の本分ということを論じられているのかなぁ。

sr-jinjinさんは、ちょっと見方を変えて?切り口を変えて、この記事は特定社会保険労務士制度に対しての記事ではなく、社会保険労務士会に林立する付属ADR機関に対して向けられたものではないか

最も私が得心がいく意見はsr-jinjinさんのもの。


どうも、周囲を見ていると、特定社会保険労務士に許された、「あっせん代理」ではなくw紛争解決手続代理業務と裁判外紛争処理機関の行う紛争処理業務を混同しているというか整理できていない方が多い。
末端の木っ端社労士の周囲なのだから、その程度の連中しかいないからそう見えるかもしれないという可能性を前提に凝視しても、整理できている方を見つけ出すのは非常に困難である。

となると、もしかして連合会ですら整理できているのは一部?

いやいや、よく分かっているからこそ、林立するADR機関が粗相をしないように発信することが連合会広報誌の役割というところまで睨んでのあの記事の掲載を決断したのだろうか?

それが正解であれば、orangesrさんの苛立ちもよく分かるが、連合会はさらにその上を行っていることにはならないか?

とはいえ、地理的に近く、連合会に人材を輩出することの多い社労士会に属するorangesrさんが周囲を見渡して「それは正解ではない」という印象から論評されているのだとしたら、私のプラス思考はただの独善的希望的な見方しかでない。
そして、実は、私もそのことに対する恐れの気持ちがもっと強い。


特定社会保険労務士が最も発揮すべきは問題解決というバリューである。と思う。(特定でなくても同様ですが)

問題解決を目的にした時、目の前の紛争解決は手段でしかない。
紛争解決型思考などと手段論よりももっと大事なことを論ずべきではないか!?と。

そう叫ぶ(?)orangesrさんに、sr-ta3さんがそもそも紛争を起こさないことが問題解決だろうという切り口で応援しているのかなぁ?

たぶん、たしか、sr-ta3さんより大人なsr-jinjinさんが大局観を働かせて、問題解決を論ずることは非常に難しく実効的ではない。だから、効果的なADR機関に対する思考方法を指導することがいい方向に行くのだ・・・ん~sr-jinjinさんのところは難しいなぁ・・・


そっか、お二人が記事が示す方向性で問題解決に向けて発言されているのだが、jinjinさんは記事そのものを論評されている?ということなのだろうか。

上手く整理できていないが、私の中では三人のご意見をそんな感じで咀嚼しているのです。

で、私としてはこの記事をどう評価するか?ということを表明しなければ、嫌われてしまうだろう。

楽観的どころか楽天的のレッテルを恐れずに、「林立するADR機関が粗相をしないように発信することが連合会広報誌の役割」であったらイイヽ(´ー`)ノな が第一希望。雲の上の連合会には、期待したい。
ちょいとシビアにこの記事を見ると、問題解決を伝えるのは非常に難しく、次善の策として手段論を論じることは決して無価値ではない。そのための紛争解決型思考の紹介記事で、それなりの価値はあるんじゃないか?とはいうものの、○○がこういう記事を読むとこれを目的化して声高に論じる阿呆が増えることを懸念するorangesrさんの気持ちに近いのかも。

たぶん、このスレで私が最も言いたいのは、紛争解決と問題解決という2つのキーワードで整理すると、三人の意見の微妙な違いを理解しやすいのではないか?という「読み方」に対するものなのかなぁ?と感じるわけです。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

腐ってやがる、早すぎたんだ (3)

このセリフ気に入ってます連合会の機関誌「月刊社労士」3月号の「労働紛争の解決と『紛争解決型思考』」について○○○会の重鎮sharocさんにもブログで取り上げていただきましたじゅう‐ちん【重鎮】 ヂユウ‥(1)重いおさえ。(2)ある方面で重きをなす人物。「法曹界?...

comment

管理者にだけメッセージを送る

占いブログパーツ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

sharoc

Author:sharoc
sharocのブログへようこそ!
【はじめに】
このブログは私sharocの匿名性を一応維持したいと希望しています。
匿名だから書けること、言えること。かといって便所の落書きにはしたくない。できれば読んで貰った方の参考になるような事を書きたいけど、堅苦しい事ばかりでも私が飽いてしまうし。というような気持ちで記しています。

できるだけ匿名性が維持できるようにはこころがけますが、HNがHNだし、「察しても、面と向かって『あれってsharocさんでしょ?』とは言わないで」くださいね。

また、営業目的のブログを肯定していますが、ここだけは(本業の)営業目的からもできるだけ遠ざけておきたいとも思ってます。って、他にブログやっているわけではないのですがf(^-^; ポリポリ 社労士ってこんなことをやって貰えるんだ、行政書士ってこんなことをやって貰えるんだと参考になりましたら、是非、地元のお近くのセンセイにご依頼いただけると、私もやっていて良かったなと思えます。

こんなブログですが、よろしければご贔屓ください。

参考になる投稿ができたら、「FC2ブログランキング」のバナーを(。・・)σ♯ポチットナ

画像を少し入れるだけでも、変わるなぁ~(。・_・。)

Gmail なるものにトライしております。
ご用の方は 
sharoc.sr@gmail.com まで

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。