スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレンダーアプリ

友人がiPadを購入したというので、先輩面したくてカレンダーアプリを試しに購入してみましたw

と、理由はいかがわしいのですが、アタリを引いたみたい

i手帳HDというものです。

http://www.appbank.net/2011/08/01/ipad/281354.php

http://itunes.apple.com/jp/app/id439631241?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

ただのカレンダーだけではなく、せっかくiPadなのだから、書き込みもしたいなぁと。↓



Skitch-2012-01-30 09_39_10 +0000

こういうときにもSkitchは便利だなぁ・・・


手書きメモアプリはNoteshelf・UPADと持っているのですが、
顧問先との打ち合わせは話しながらNoteshelfへ
新規のお客さん?とはpdfへ書き込みできるため、所内様式をpdfにしたものへ必要事項を書きこんでいくUPADへ
どちらもそこそこ気合の入ったとき。

書き散らすという意味では、このi手帳HDへ
という使い分けが便利そう

最近、iPhoneばかりで、iPadはゲーム機化していないでもなかったのですが
これで、おもちゃではなく、ビジネスマシーンとして使えそうかなぁなんてw

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

匿名とはいえ・・・

FBをやっているので、全く匿名でネットの世界を垣間見ているのではありませんが、匿名とはいえ、そこに意思表示をした瞬間から何らかの人格を持ってしまうのだろうと思うのです。

このブログでも、探り探り意思表示をしていますので、私の人格とは異なる人格が出来上がってしまっているのだろうとも思います。

何を言い出しているのかというと、前のスレで感じていた違和感を整理すると、そこに帰着するのだと理解できたわけで、結局、全部を読んでもその対象となった記事に関心があったわけではなく、そこにコメントをつけていた人たちに関心があったのだと分かりました。

このように整理できると、意図せず「残念な・・・」を引き合いに出した効果もきちんと伏線になっていたんだなぁって。

あの記事を「いいね」すること、そのことが私には本質を理解できてないんじゃね?としか思えず、それはイントロだけでも感じ取れたし、すべてを読んでもその感覚に変化は生じなかった。
「いいね」することに必要以上の意味を持つ必要はないとわかっていても、「いいね」という字面が発する作用に、そのスレの内容と合わない時、ものすごい違和感を感じてしまうのです。

あぁ~、この人はこれを「いいね」と感じるタイプの人なんだァ、みたいな。

コメントをつけることは、さらにそれを具体的にしちゃっていて・・・

本人達は「この記事はとってもいいことを書いている記事だよ、シェアしようよ」みたいなつもりでコメントをつけているのだろうが、私には「私はこんなに未熟なのです」と吐露しているようにしか読めず、その訴えたいものと感じ取るものとの違いの大きさと、それを実名と顔を晒して行われることに私は耐えられなかったのです。

誰かが書いたもので、「これいいよ」と他人に薦められる意思表示できるのは、ドラッカーのマネジメントくらいかなぁ?それも、その内容だけで満足したのではなく、30年の時間の経過を経てなお心を打つという付加価値があったからやっと意思表示できる。

匿名であれば、なんちゃって匿名でも、そのハードルがかなり下げられる。
だから、やっぱり、ハンドルネームが好きだし、実名はかなり不自由するのです。

theme : 日記
genre : 日記

コメント御礼

NoName さん、コメントありがとうございます。

きっとこれは、全部読んでから批評しなさい というサジェスチョンだろうと読み取って
全部読んでみました。

結果・・・
どうなんでしょう?

その前段階で、ついたコメントに対するある種の色眼鏡がかかってしまったからなのか
私には、コメントを付けさせるほどの感動はありませんでした。
というか、なんか論点をずらされているような警戒感の方が強く感じたかなぁ、正直。

もちろん、地方の木っ端社労士の感じ方なので、その感じ方が正しいと自信を持っているわけではありません。

実はこういう違和感を私はとても大事にしています。
というのも、自分を成長させるチャンスだから。
違和感を感じるのは、筆者のロジックに瑕疵があるか、それとも私のロジックが未熟なのか、そのいずれかのはず。
私のロジックが未熟であれば、このテーマについて思索することで私は成長できます。
筆者のロジックに瑕疵があるのであれば、似たような問題提起を受けた場合の瑕疵の指摘についての手法や経験値を身につけられます。
そして、このロジックの成長や手法、経験値は、紛争解決手続代理業務のトレーニングにもなるのだろうと。
もっと手前の紛争の芽を摘む段階での社労士力を引き上げるトレーニングになるのだろうと。

で、検討した私なりの結論はどうだったのか知りたいとは思いますが、私は頭の回転がよくないので、スルメみたいに噛み締めないとなかなか結論に至りません。
ということで、まずは感想と噛み締めはじめていますよという披露だけで、このスレは終わらせてください

theme : 日記
genre : 日記

コメント御礼

orangesrさん
コメントありがとうございます。

そういえば、この本絡みでもうひとつ残念なことがあったのを思い出しましたw

ウチの職員に、書評を言わずに読んでみなさいと渡したのですが
「良かった」という感想でした・・・

社会的職業的経験値の低い職員だったので、ある程度予想された答えではありましたが
それでも、私のカラーを付けて読ませるよりもニュートラルな感想を持てるかなぁと
そうしたわけですが、そんな本も読んで次第に戦闘力を上げていくというのも
狙いの一つだったわけで、となぜか言い訳じみているw


>社会との関わりに無自覚で
>自分に酔って得意になっているところは
>この社長と著者はそっくりでしたね

自分をキリストや仏陀になぞらえて、今の自分の身を憂いている、あの方を思い出してしまったなぁ、この一文は。
労組対策セミナーのちらしでorangesrさんが感想を述べておられたあの方と一致するかも。

本質を見つめる難しさ

facebookから飛んだサイトに
問題解決をデザインする
本質的な原因を見つめ、無駄なIT投資を防ぐ
という記事があった。

無料部分しか読めなかったのだが、そこには記事を賞賛するコメントが付けられていた。

こういうとかなり高飛車だと思われることを承知で続けると、
「なぜその先を考えないのだろう」「それをやって、問題の解決になるのか?」
と思わせられることに遭遇することが多い。
類は友を呼ぶだから、私の周りにその程度の人間が集まっているのかもしれないが
友よりも、友でない方々のほうに多く感じるのは、私の負け犬の遠吠えなのだろうか。

「なぜその先を考えないのだろう」「それをやって、問題の解決になるのか?」

私には、その相手のアイデアが表面的、対症的で本質をついていないからだとしか思えないのである。

そして、これは知人や顧問先であれば、そのことに深入りしなくても済むのだが
職員がそのような考え方をするのでは事情が違ってくる。
問題の解決になっていないから同じエラーを発生させ、ひいては顧問先を失うということになりかねない。
なので、そのような場面に遭遇したときは、何度でも、言葉を変えて指導しているし
社会を見ていると、この本質をつかむという能力は誰にでも身についているものとは違うような気がしている。
努力で身につけられないと切ってしまっては、私の努力も徒労に終わるのでそうは思いたくないが、
一定の水準まで引き上げるには、生まれ持ったセンスでかなり個体差があるのだろうと感じている。

何を言いたいかというと、記事は本質を見つめ続けることで真の問題の解決になるのだということを言っているのだと推測するが、それは正論だし、読めるところまでのストーリーの展開はなるほど面白そうだから、その後もきっと分かりやすく結論につなげているのだろうということが想像できる。
だからこそ、他の記事に比べて、好意的なコメントがいくつもついているのだろう。
だが、「この問題の本質」はそういう記事を読んで、面白い、参考になる記事を読んだというところで止まったままの読者の存在なのだと思う。
なるほどぉと心を動かされたのなら、それを身につけなければ。

「残念な・・・」というビジネス書を読んだことがある。
タイトルのユニークさに惹かれて思わず購入したのだが、読後感としては
一番残念だったのは、著者が残念な方だったということだった。

問題の解決のためには、本質を見つめよと訴える記事が、文章としては面白いのだろうが
問題を解決するための本質を見つめられていないのではと思わせる点が「残念な・・・」と
同様の匂いを感じる。まぁ、商業的な記事としては、合格点なのだろうが・・・。
それよりも無邪気に良い記事を読んだとコメントを顔写真入りで実名でつける姿に、
facebookのある種のリスクを感じ、facebookとは、ますます慎重に接しなければという思いを強くしたことが私のこの記事を読んだ最大の果実なのかもしれない。

theme : 日記
genre : 日記

占いブログパーツ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

sharoc

Author:sharoc
sharocのブログへようこそ!
【はじめに】
このブログは私sharocの匿名性を一応維持したいと希望しています。
匿名だから書けること、言えること。かといって便所の落書きにはしたくない。できれば読んで貰った方の参考になるような事を書きたいけど、堅苦しい事ばかりでも私が飽いてしまうし。というような気持ちで記しています。

できるだけ匿名性が維持できるようにはこころがけますが、HNがHNだし、「察しても、面と向かって『あれってsharocさんでしょ?』とは言わないで」くださいね。

また、営業目的のブログを肯定していますが、ここだけは(本業の)営業目的からもできるだけ遠ざけておきたいとも思ってます。って、他にブログやっているわけではないのですがf(^-^; ポリポリ 社労士ってこんなことをやって貰えるんだ、行政書士ってこんなことをやって貰えるんだと参考になりましたら、是非、地元のお近くのセンセイにご依頼いただけると、私もやっていて良かったなと思えます。

こんなブログですが、よろしければご贔屓ください。

参考になる投稿ができたら、「FC2ブログランキング」のバナーを(。・・)σ♯ポチットナ

画像を少し入れるだけでも、変わるなぁ~(。・_・。)

Gmail なるものにトライしております。
ご用の方は 
sharoc.sr@gmail.com まで

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。