スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘備録

朝一で中小企業緊急雇用安定助成金(I社)の問い合わせで労働局へTEL

休業手当の額の試算&簡単に出来るものはないか、トライ。
いろんな会社に共通して、というもの難しそうだが、休業が続けばデータを貼り直して、というやり方であればなんとかなるかも。
しかし、一月全日休業となると賃金の落ち込みは所定労働日数/30日×60%と甚大なんだと改めて実感。4割強の収入で生活を維持できるのだろうか?

その情報を仲間へ通知し、Yさんの相続放棄関係書類の準備のため、地元のサービスセンターへ。

戻ると中小企業緊急雇用安定助成金の問い合わせ(SD社・SK社)。
即答できず、これまた労働局へTEL→依頼者へ回答を2件
教育訓練と出向でトライしたいとか。

証印転記が完了したためパスポートの引き取りにSさん来所。

G社労士がご挨拶ということで訪問。ちょっと変わった人。

一般社団法人の設立手続が具体化してきたため、司法書士さんへ確認。

I社から提出済みの休業計画を増やしたいとの連絡。50%未満なので、変更届は不要そう。
自分の確定申告の準備を進めつつ、再び中小企業緊急雇用安定助成金の準備(SK社・SP社・SW社)。

ん~~~、イニシャルトークでもSなんたらがやたら多いなぁ

中小企業緊急雇用安定助成金の合間に、他の仕事を進めるという感じの一日。
良い方向の助成金でないだけに、忙しさにも不安がつきまとう。

明日の建設業新規許可申請の書類の最終チェック→問題なし

なんか、とってもたくさん働いたと感じる一日。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

コメント御礼

ふとっちょえすあーるさん、コメントありがとうございます。

>結局パンクしたら、どこかのガソリンスタンドに駆け込むだけ・・・

そうか、GSという手もあるんですね。
気付いたのが土曜日の午後7時ちょい前。
向かいの車屋さんは照明を落としていたから、ディーラーへ持ち込むしかない、終わっていたらどうしよう?と考えましたが。

ところで、私も日曜日から風邪模様でした。
昨日の研修も午前の半日は車へ潜り込み寝てましたが、午後のグループ討議の発表担当を押しつけられた頃からなんとなく具合が良くなり、気が張ってるせいと思いこんでましたが、すっかり治ったようです。

やっぱり、病は気から、なんですかね(笑)。

theme : 日記
genre : 日記

下品な車

気に入っているマイカーをこう表現するのも、どうかなあとは思いますが、やっぱり下品な車です。

そのマイカー、タイヤがパンクしました。
ディーラーへ持ち込んで、タイヤの修理をして貰おうと頼んだところ、側面におおきな傷なので、修理しても危ないとのこと。

仕方なくスペアタイヤで走ってます。
ところが、スペアタイヤだとは分からない。
なぜなら、同じグレードの同じアルミホイルのタイヤをスペアタイヤとして積んでいたことに、パンクして初めて気付きました。

頑張って、背伸びして、背伸びどころかつま先立ちして購入した車だけに、そのいやらしさを常々感じてましたが、ここまで下品な車だったんだと改めて気付かされました。

つま先立ちしていると、そのお下品さが嬉しく感じるんですよw

しかし、下品だよなぁ~。

theme : 日記
genre : 日記

やっぱり、変人

オバマ大統領の就任式の報道、というか、ワイドショーにて、「感動した」とか「涙が出た」とか賞賛の連呼。

そして、それを聞く度に、どんどん引いてる私がいる。
やっぱり、変人なのかなぁ、私って。

敵陣の大将に、手強そうなのが出てきたってことだろう?
しかも、ダブルスタンダードを臆面もなく弄する身勝手な国の身勝手さの強い政党から出てきた大将なのに。

その大将の庇護を受けられる国民が熱狂するのは分かるけど。
父祖の国民が喜ぶのは分かるけど。
反米的なフランスでも、非白人が喜ぶのも、なんとなく分かるけど。

ある程度、日本を尊重してくれる共和党ではない政党が自国の結束を呼びかければ、反射としてないがしろにされる日本の姿が想像される。そのことになぜ、感動できるのか、感動の涙を流せるのか?

彼は直接、日本にプラスなことをしてくれることもない。
自国の復活が回り回って、日本にもプラスになるだけで。
それ以上に厳しい要求を突きつけられる、あるいは無視される、そんなことがあるのだろうと考えると、庇護を受けられる立場であれば感動するだろう言葉を聞くに、究極、利害を一致できない立場にある国の国民として私はどうしても脅威を感じざるを得ない。


ただ・・・
これだけ、全世界的な期待を込められての就任を、もう少し期待の少ない時代、プレッシャーの低い時期に就任したかったと本人も思ってるんだろうなぁと可哀想に感じた。

賞賛の嵐のような報道を見て、こんな事を感じる私はやっぱり、日本の中では変人なんだろうなぁとますます強く感じる。

theme : 日記
genre : 日記

今年の後半の事を考えると・・・

銀行の残高はともかく、先月は年調で、年明けはアノ助成金やら建設業の新規申請やらで忙しい日々を過ごしています。
ので、残高を見るとドーンと落ちますが、見ずに済ませば心地よい日常。

ただ、お客さんの話を聞くと真っ暗な話しばかり。
アノ助成金で、湧いたような報酬も、いずれお客さんが休業すらできなくなれば、なくなるだろうし、と今年の後半のことを考えると、とっても心配。

金融機関出身のお客さんからバブル崩壊後の金融機関の貸しはがしの事情と今回の不況で起こるであろう貸しはがしの事情をとても分かりやすく説明して貰えました。
その辺の事情はおいておいて、今はできるだけキャッシュを手元に置いておく時期だそうです。

小銭が入ったから、借金を先に返してしまえは危険なんだとか。

theme : 日記
genre : 日記

情緒に欠ける出発点とその完璧な論理の行く末

少し前のベストセラー、国家の品格。

最も影響を受けたのが、論理的であることの危うさを唱えていた章。

周りで国家の品格を読んでいた人に聞いても、記憶に残っていないのだそうだ。
本論は別にあっても、私にはそこにビビビと電流が走った。

論理的であることはとても心地よいモノで、論理的に説明されると納得感が強い。
そして、私は論理的であることのロイヤリティがとても高かった。その章を読むまでは。
かつては、受け入れられない論理でも「気にくわない理屈」と一定の評価を与えていたのだが、その章を読んでからは、出発点を間違えてしまった論理と否定できるようになった。

著者曰く、論理には結論と同様に必ず出発点がある。
その出発点の決定は論理に依らない。分かりやすい表現だと、えいやーで決められてしまうものなんだそうだ(本の中ではもっとインテリジェンスあふれる記述がありますよ、もちろん)。
だからこそ、どこを出発点にするかというのはとても重要で、ヒトラーの台頭なんかも同じような理屈で(悪い方の事例として)説明できるような理解を私はしている。
いかに論理的であっても、いや、論理的に完璧だからこそ、出発点を間違えているととんでもない方向へ結論が行き着くことがある。
そして、完璧な論理だからこそ、それに抗える者が少なく、定説のようになってしまう。
私の中での、エコロジー・セクハラ・ジェンダー・禁煙化・・・


出発点を間違えた論理を私は認めないのだよ、ワトソン君。なんちゃってw

ちなみに出発点の決定には、伝統のような縦軸があれば誤らないというような記述だったような気がする。歴史や自然に対する畏怖、そこから生まれる情緒。そんなものが出発点を誤らずに決定させてくれる、というような。
だから200年ちょっとの歴史しか持たない国に世界のトレンドを決めさせるような今の環境はとても危ういのだと、私は考えているのです。

theme : 日記
genre : 日記

女と男

昨夜の、そして今日も第二回が放映されるのだが、NHKスペシャルで女と男を科学的に解明する、みたいな番組。

人間のオスが人間のメスを見るとき、どこをみるか?
ウエストのくびれらしい。これにはオスとして実感有り。

痩せてる人が好みでも、太めが好みでも、ウエストとヒップが7:10の体型に、全世界的に高い値が見られたのだそうだ。
そして、出産に適した時期のメスの体型が7:10になるのだそうだ。
エロスで腰の締まった女性が好き、というのは、どうも確率高く子孫を残すためのDNAに上手にそそのかされていた結果ということのようだ。
このオスとしての本能を、セクハラなどと野暮なことをいわずに、快く受け入れてくれる世の中になってほしいのだが、個人的に。

もう一つ、釣られたテーマが、男女の会話。
男性は問題解決を目的とした話しをする。
女性は共有というか、関係性を醸成することを目的とした話しをする。のだそうだ。
これは、原始時代、男性が狩りをし、女性は子育てという役割の中で、効率的に実現するため、集団で行っており、狩りを集団で行うには瞬時の判断で獲物をどう獲得するかの話し方が問題解決を目的となり、集落で子供の面倒を見ながら待つ女性達はその集団の中で生活するために、話しは共有や関係性の構築を目的となり、それがDNAに組み込まれて、現在でもそれは変わらない、ということらしい。

妻「ねぇ、あなた、息子の○○が学校で▲▲したらしいの」(問題の解決を望んでいない)
夫「え?○○はなぜ▲▲したんだ?」(▲▲したことを問題行動と捉え、原因追及を始める)
妻「よくわからないけど、□□で▲▲したんじゃないかしら」(夫が原因追及を始めたことに気付かず、ノープランで表面上の問いに答える)
夫「□□だからといって、なぜ▲▲しなければならないんだ!」(原因追及を継続)
妻「そんなこと、私しらないわよ。○○に聞けばいいじゃない」(問題解決を目的としていないので、こんな答え)
夫「○○にって、あいつはもう寝てるだろ!」
妻「寝てるわよ。だからって、私に聞かれたって分かるわけないじゃない」
夫「分かるわけないじゃないって、逆ギレか?子供の面倒を見るのはお前の役割だろ」
妻「そんなこと言ったって・・・」
夫「じゃ、なぜ▲▲したことを俺に言ったんだ?問題だと思ったから話したんじゃないのか?」
・・・・・・・・・

と、上の会話例はあくまで私の想像で、番組でこんなことを放送したのではないのだけれど、想像できそうでしょ?
最後の夫の言い分。まさに私がそうでした。
わざわざ、そんな話しをするのは、妻が困って相談してきているのだろうと。
ところが、メスは共有を目的としているので、問題を解決しようとしていないことが多いのですね。
それをオス側は解決しようと話を進めるのだが・・・
で、情報が不確かのため、出口が見えない夫婦間の口論となって終わり、でしょうか?w

心当たりがとっても有り有りで、この放送を見て、女房とはやさしく話が出来そうな予感がしてます。
ただ・・・メスのペースにオスが合わせることになることが、動物学的に有利なのかどうかは分からないため、不利だと思える理屈ができたときには、元に戻すんだろうなぁ。

この研究を欧米系の学者が行っているというところに、全幅の信頼を置けない理由があるのです。

theme : 日記
genre : 日記

幸いなことに・・・

TVや新聞の報道。暗いニュースが多いですよね、ほんと。

幸いなことに、年明けからウチは忙しい&ハッピーコールが続いています。

とはいえ、足下が厳しいのは現実なのですが、今を乗り越えれば・・・と腐らずにいられるのがとても幸運で。


私も嬉しいですが、これだけ暗いニュースばかり流してくれると、それとは違う現実が広がっているウチの事務所の雰囲気に職員さんも感謝というかラッキー♪って思ってくれるといいなぁと経営者としては思うのです。

二十年前から、「中小企業に景気は関係ない」が持論。
マクロで影響を受けても、ミクロでは相殺・逆転することが可能だと。
相殺・逆転できるようにがんばらなきゃ。そのためにも社会・世間から必要とされるサービスを提供できる事務所になるよう頑張りますよ、はい。

theme : 日記
genre : 日記

占いブログパーツ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

sharoc

Author:sharoc
sharocのブログへようこそ!
【はじめに】
このブログは私sharocの匿名性を一応維持したいと希望しています。
匿名だから書けること、言えること。かといって便所の落書きにはしたくない。できれば読んで貰った方の参考になるような事を書きたいけど、堅苦しい事ばかりでも私が飽いてしまうし。というような気持ちで記しています。

できるだけ匿名性が維持できるようにはこころがけますが、HNがHNだし、「察しても、面と向かって『あれってsharocさんでしょ?』とは言わないで」くださいね。

また、営業目的のブログを肯定していますが、ここだけは(本業の)営業目的からもできるだけ遠ざけておきたいとも思ってます。って、他にブログやっているわけではないのですがf(^-^; ポリポリ 社労士ってこんなことをやって貰えるんだ、行政書士ってこんなことをやって貰えるんだと参考になりましたら、是非、地元のお近くのセンセイにご依頼いただけると、私もやっていて良かったなと思えます。

こんなブログですが、よろしければご贔屓ください。

参考になる投稿ができたら、「FC2ブログランキング」のバナーを(。・・)σ♯ポチットナ

画像を少し入れるだけでも、変わるなぁ~(。・_・。)

Gmail なるものにトライしております。
ご用の方は 
sharoc.sr@gmail.com まで

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。